HOME MENU TEL 料金

事故などで後遺症が残ってしまう原因とは

スポーツ事故や交通事故など、予期せぬ事故によって大怪我してしまうことは誰にでも起こりえることです。事故に伴う怪我は治療を施して早期回復を目指すことが求められます。
しかし、スポーツ事故治療・交通事故治療を施しても、後遺症をもたらしてしまう場合があるのです。

後遺症の症状とは?

後遺症の症状とは?

スポーツ事故や交通事故は骨折や打撲など目に見える外傷だけでなく、目に見えない後遺症に悩まされることが少なくありません。事故や怪我の状況などによって、後遺症となる症状は様々です。

一般的な症状が首や肩の慢性的な痛みと言われており、その他にも圧迫感、緊張感、背部痛、上肢のしびれ、上肢の痛み、頭痛、めまい、吐き気、集中力低下などの症状が挙げられます。

これらの症状を引き起こしてしまうのは、体の内側に大きな衝撃が加わったことが深く関係しています。

後遺症を引き起こす主な原因は「むちうち」

後遺症を引き起こす主な原因は「むちうち」

事故による後遺症は、外傷性頚部症候群や頚椎捻挫が正式傷名とされる「むちうち」が主な原因です。

むちうちによって筋肉・靭帯・神経などに損傷を受けることが後遺症の原因と考えられています。事故による強い衝撃によって頭部がむちのような動きを強いられ、頚椎に大きな負担がかかり様々な症状を引き起こしてしまうのです。

むちうちの種類

頚椎捻挫型

頚椎周辺の筋肉・靭帯・軟部組織の損傷が多く見られ、むちうちの約75パーセントはこのタイプが占めているとされています。首や肩の動きが制限されたり、首を伸ばすと首の後ろや肩の痛みが強くなる傾向にあります。

根症状型

むちうちによって頚椎のならびが歪み、神経が圧迫されることによって症状が発生します。
咳やくしゃみなどで痛みが強まることがあります。

バレー・リュー症状型

事故の衝撃により交感神経を痛めたことが原因で症状が発症するむちうちです。
交感神経が外力によって損傷すると、体の動きが鈍くなる、体のバランスを崩しやすくなる、吐き気、耳鳴り、めまい、頭痛などさまざまな症状を引き起こします。

脊髄症状型

脊髄や下肢に伸びる神経の損傷によって、下肢のしびれや知覚異常が起こる可能性のある重度のむちうちです。このタイプは、脊髄損傷とも言われます。

むちうちのタイプ

このように、むちうちにも様々なタイプがあります。病院での交通事故治療や整骨院などでの施術は、院によって様々です。当院では、後遺症を残さないためのむち打ち症状に特化した整体施術を行ってまいります。大切なポイントの説明などもいたします。

また、当院の施術は無痛ですのでご安心ください。早期回復を目指してまいります。

鎌倉・北鎌倉・逗子エリアで交通事故後のケアで評判の整体院・整骨院をお探しなら、当院へお越しください。交通事故に関する施術は、自賠責保険にて施術を行っておりますので、お客様の金銭的負担もなく(ゼロ)体のケアが可能です。

保険適用の交通事故後のケアに限らず、自由診療ではスポーツ事故によるケア・慢性的な腰痛や肩こりなどの日常生活で蓄積された体のメンテナンスも対応いたします。当院は鎌倉駅近くに位置しているのでアクセスしやすく便利です。

当院へのアクセス情報

所在地〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-3 島森ビル2階
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
電話番号0467-22-1935
予約予約制
休診日日曜日