HOME MENU TEL 料金

腰痛の原因と仕組み

腰痛は、現代人の生活習慣病とも言われている症状のひとつです。
身近に潜む腰痛の原因や仕組みを理解することは、早急に腰痛治療・腰痛改善することにもつながります。

体の仕組みが腰痛を引き起こす

体の仕組みが腰痛を引き起こす

腰を支える腰椎は5つの骨で構成されており、骨とともに筋肉・靭帯・神経が連携して脊椎特有のS字カーブを保っています。腰椎を支える椎骨と椎骨の間には、クッションの役目を果たす椎間板という軟骨があり、椎間板は歩行時に受ける腰への衝撃を吸収して背骨にかかる負担を軽くしてくれます。

しかし、歩行や体をねじる、曲げるなど日常生活で行っている動作は、重心の位置がずれることで腰椎や椎間板に大きな負担が常にかかっている状態です。

日常生活での様々な原因が重なると、歪みやカラダの癖が定着し腰への負担がより大きくなると言われています。衝撃を吸収する椎間板が何らかの原因によって突き出てしまうと、脊髄中枢神経や末梢神経を圧迫する椎間板ヘルニアという症状を引き起こします。

他にも、腰を支える筋肉・靭帯・関節など損傷や疲労によって、腰に痛みを感じるようになるのです。当院の腰痛に対する施術では、それら腰椎の土台となっている仙骨や骨盤の状態から調整してまいります。

腰痛を引き起こす原因とは?

腰痛を引き起こす原因とは?

骨盤の歪み・重心のズレ・姿勢など、腰の筋肉に負担がかかる環境が整っていれば腰痛が引き起こります。日常生活の中には腰痛を引き起こす様々な原因が潜んでいますが、体の歪みが定着していると慢性的になります。

腰痛を引き起こす原因は色々と挙げることができ、体は捻じれた状態で負荷がかかることに弱いのです。また、腰痛に限らず体を痛めてしまう基本的な原因は主に、Misuse(使い方の間違い)、Overwork(使い過ぎ)、Disuse(不使用後の急な負荷)などです。歪んだ状態で同じ箇所に繰り返し負荷がかかってくると痛みを感じるようになります。草むしりなどの作業に限らず、車や電車などの長距離移動で長時間同じ姿勢でいると歪んだ状態で一定の負荷がかかり続けるのである意味オーバーワークです。崩れた状態が定着する前に、しっかりと伸ばしてこまめにリセットさせることが大切です。

腰痛のタイプ?
腰痛を引き起こす原因とは?

また、交通事故によるむちうちも腰痛を引き起こしてしまう原因として考えられています。
交通事故の衝撃など、外部から強烈な力が加わることで脊椎や骨盤がゆがんだ結果、腰痛につながる可能性があるのです。交通事故に遭った後、目立った外傷がないにも関わらず数日後に腰痛の症状があらわれるなど、むちうちと腰痛の関係は不明な点が多いとされています。

交通事故後に腰の痛みを感じた場合は、早めに交通事故治療を受けるようにしましょう。
当院では、むち打ち症状による体の変化に対応してまいります。早めの対策が後遺症に悩まされないポイントです。

施術に評判のある整骨院鎌倉駅近くでお探しでしたら、ぜひ当院へお越しください。
当院では、交通事故後の早期回復を目指した施術を進めています。交通事故に関する当院の施術は、自賠責保険が適用されるため利用者様のご負担金もありません。交通事故後の不安を全て取り除いていただくためにも、万全のサポート体制でお待ちしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-3 島森ビル2階
駐車場近隣のコインパーキングをご利用下さい
電話番号0467-22-1935
予約予約制
休診日日曜日